2016-10-20

図案をコピーして刺繍する ミシン Minico (おもちゃ) パンタグラフ刺繍器

現在の刺繍ミシンはパソコンと接続してデータを読み込む方式が主流のようですが。昔、国内ミシンメーカー(ジャガーミシン)が販売していた、コピーししゅう器Minico(ミニコ)という、 おもしろいトイ・ミシンを紹介します。おそらく二十年くらい前の製品です。

このミシン、固定されたスタイラスのような棒で自分のデザインした図案をなぞると同じようにミシンが刺繍をしてくれます。 正確には図案をセットした台を手で動かします。刺繍可能範囲内を縦・横・斜め自由に動かすことができる完全な手動刺繍コピー器です。

実際に刺繍ができるか簡単な図案で試してみました。星の図形の輪郭をコピー刺繍しています。図案を正確になぞるには集中力が必要です。ちゃんと刺繍として再現できています。台が前方向に動くのでコツを掴めばうまくコントロールできるハズ・・。道具のクセを知ることが大切です。

塗り、ですが説明書には塗り絵のように動かすようにと書いてありましたが、移動するピッチも手動なので難しいと感じました。一応塗りの部分も縫えてます。これもリズムを掴めば仕上がりも変わると思います。

ミシンに付いている台はパンタグラフという構造で動く仕組みで、台の下にはパンタグラフのアームが見えます。 パンタグラフは商業用の彫刻器などに使われています。
ちなみにパンタグラフが発明されたのは16世紀頃だそうです。

図案のセットする部分です。透明の方眼シートの下に図案を固定します。縫う部分には布をセットするフープが付いています。

ラベルのデザインをみると昔のウォークマンの頃の雰囲気を感じます。

トレース台にレーザーカッターで切ったテンプレートを付けたりすれば刺繍の完成度もアップするかもしれません。 アイデア次第でこの刺繍器は使えそうな気がします。
最近は CNCが家庭用の工作機械として身近になってきたので、アナログな仕組みでモノを作ることに(逆に)新鮮で面白みを感じます。

_/_/イラストレーション制作・アイデンティティ・デザイン_/_/
◆藤倉周平商業美術制作所 Web
http://www.shuheifujikura.com/
◆藤倉周平商業美術制作所 facebook
http://www.facebook.com/FujikuraShuhei
_/_/_/_/_/クラフト・雑貨・デザイン_/_/_/_/_/