2015-09-03

【リポート】 出店 手作り体験教室 夏 『デコパージュ』

恒例の夏の出張イベント、今回も無事終了いたしました。
たくさんのご来店、ご参加ありがとうございました。

今回は『デコパージュ』体験教室を開催しました。

デコパージュとは装飾素材(紙など)を専用液を使って布、木、金属などに
貼り付けてコーティングしていくクラフトです。

◆デコパージュの歴史(簡単に):
デコパージュは12 ~ 13 世紀ヨーロッパで貴族の女性達がキレイ な紙を使って
物を飾るという趣味が、その始まりと言われています。
箱、本棚などの家具などを飾って楽しんでいたそうです。

素材は貼り付けた感じがあまりでないペーパナプキンを加工して用意しました。
お客様に好きな柄を選んでいただいて布製バッグに貼り付けてもらいました。
どれにしようか迷ってしまうぐらいの種類を用意したので
楽しみながら時間をかけて選んでいただけたと思います。

体験の中では、私の得意分野でもある木工細工の知識と経験から
生地にすぐ染み込んでしまう糊の上手な塗り方や
貼り付いていない箇所の修正方法などのコツも説明させていただきました。

お客さまから“ただ紙を貼るだけでしょ?”という声も ありましたが、
実際に体験してもらうと、糊をムラ無く塗ること や紙を真っ直ぐ貼ることが
意外と難しいということを体験していただけます。

また、“これ、やってみないと分からないよね!”
と作って納得されていたお客様の声も印象的でした。

実際に体験してみないと分からない これは、とても大事なことですね。

男の子/女の子の参加者の割合も半々くらいでした。大人の方、親子での参加も多く、
年配の方はお孫さんへのプレゼントとして作っていかれました。

藤倉周平商業美術制作所の手作り体験教室は【つくるを身近に感じる】を
コンセプトにしています。
純粋に手で何かをつくることを体験してもらいたいので、
ワークショップの内容に性別や大人/子供の縛りみたいなものを
持たせたくないと考えています。

過去の体験教室でこんな場面がありました、
男の子が“これをやりたい”とお母さんに伝えたのですが、
お母さんが“女の子がやるものだから”と言って会場を素通りして行かれました。

この場面を見て、色々感じたことがありましたが、
つくる体験を提供する側としても工夫が必要だなと思いました。

もちろん、芸術創作そのものにはマスキュリン(男性的)やフェミニン(女性的)という
イメージもあります。それらをどう解釈するかは見る人の個人的な主観だと思います。

女の子でも、男の子も、お母さんも、お父さんも、おばあちゃんも、おじいちゃんも、
興味があったら、参加して作ってみようという気軽な入り口の体験教室を企画できたらいいなと思います。

ご参加いただいたお客様から出張企画についてのお問い合せもありました。
★遠方でも出張致します(要・出張料)。お客様のニーズに合った内容を企画します。
お気軽にお問い合せ下さい。

_/_/イラストレーション制作・アイデンティティ・デザイン_/_/
◆藤倉周平商業美術制作所 Web
http://www.shuheifujikura.com/
◆藤倉周平商業美術制作所 facebook
http://www.facebook.com/FujikuraShuhei
_/_/_/_/_/クラフト・雑貨・デザイン_/_/_/_/_/