2014-09-22

パステルアート教室 2014夏 リポート

夏に出張・出店したパステルアート・WORKSHOPの リポートです。

商業看板、お洒落なカフェやレストラン店内装飾などに使われている
オイルパステルで描いた挿絵、パステルアート。そんな身近なアートを
楽しく簡単に体験していただけるようにワークショップを企画・開催しました。

パステルって何?

パステルという画材は【色を塗りながら描く】- 【描く】と【塗る】が同時進行します。
ちょっとした落書きがいつの間にか、色鮮やかな絵に変化するという魅力があります。

また、他の画材のように、色をパレットで混ぜたり、 ブラシを洗ったりという
手間がかからないので、 思い浮かんだイメージを即キャンバスに表現できます。

オイルパステルとは

1960年代頃から多くのアーティストによって使われるようになった画材だそうです。
顔料と油分を含んだ粘土のような固まりです。
ドライパステル(チョークのような粉っぽい固形パステル)と比べると
粉が出ず、油分を含んでいるのでキャンバスへ塗料のくいつきが強く、
油彩ほどではありませんが厚い層の塗りを作ることもできます。

オイルパステルの挿絵はアクリル塗料よりは主張が控えめで
看板文字とのコントラストが効きます。そして早く絵が描ける画材です。
憶測ですが、このような理由からパステルアートは商業場面でも
使われるようになったのかもしれません。

今回、ワークショップで使ったのは、学校でもお馴染みの クレパスです。

体験の様子

お子様から大人の方まで独特な色の混ぜ方などを簡単に
楽しく体験していただけるように特別にデザインした
ステンシルを用意しました。

学校でも教えてもらえないステンシル技法も簡単に体験できるので
内容の濃いワークショップになっていると思います。

ステンシル(型)が決まってるなら、完成する絵は全部同じ?
と思う方もいるかもしれませんが、同じテーマの中でも
様々な個性や表現があるので、それぞれの作品はまったく違う絵になります。

指で色を混ぜてグラデーションや独特な質感を表現します。
力加減も調節しなければいけません。細い線や曲がった線を描くには
オイルパステルの角を使ったり、キャンバスを回転させたり
ちょっとした工夫が必要になります。

最初は絵に見えなくて心配してしまう子や、失敗してしまったと
泣いてしまう子もいましたが、納得いくまで指で色を混ぜて
最後には完成した絵を見て満足した笑顔になりました。

- 絵は描いている人の思い通り完成するもの

ご家族で全員で参加していただいた方は、お母さま一番真剣になって
作品を作っていました。それぞれの作品を比べながら楽しい雰囲気が
とても印象的でした。

- 絵はコミュニケーションのひとつ

今回も作ることを体験を提供する側として ご参加いただいた方から
多くのことを勉強させてもらいました。 ありがとうございました。

◎会場で描いたフルーツの絵(ベニヤ板450x910mm)

フルーツを取り扱うお店や八百屋さん等、店内装飾ツールとしていかがですか?
(一点物です!)購入希望の方はご連絡下さい。

◎イラスト入り立て看板のデザイン~製作承ります。

クラフト関連プロジェクト用に作った看板です。
半分は黒板になっているのでチョークで書けます。用途に応じた
各種販促ツールの デザインもご相談下さい。

※イラスト(絵を描く猫)は藤倉周平商業美術制作所の
クラフト関連プロジェクト用マスコットです。

『かき氷』イラスト

◎教育機関、法人、団体さまへ

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
教育機関、法人、団体さまを対象に
アート アンド クラフト関連ワークショップ出張を承ります。
クライアントと相談して対象参加者に応じたWork Shopを
デザイン・提案します。 HPよりお問い合せ下さい。
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


_/_/イラストレーション制作・アイデンティティ・デザイン_/_/
◆藤倉周平商業美術制作所 Web
http://www.shuheifujikura.com/
◆藤倉周平商業美術制作所 facebook
http://www.facebook.com/FujikuraShuhei
_/_/_/_/_/クラフト・雑貨・デザイン_/_/_/_/_/