2013-11-20

洋書と情報源(source)ついて

洋書は私の仕事に欠かせない情報源(source)のひとつです。
デザイン、ビジネス、芸術関連、その他様々なジャンルの本を勉強や
リサーチの為に読みます。

洋書を読む利点:

  • 英語圏のタイトルが選べるということは情報の量と選択肢も増える。
  • 翻訳者の日本語、解釈を介さずに読める。
  • より専門的な情報にアクセスできる。
  • 和書と比較して価格が安い場合が多い。

ひとつ理解できる言語が増えると情報の選択肢は何倍にも広がります。
膨大な選択肢の中から自分なりに選び解釈し、それをアウトプットしたものには
他とはかぶらないユニーク性やアイデアが生まれます。

訳されることで異なる言語の間で失われる意味やニュアンスは 必ず生じるものです。
他者の日本語を介さずに自分で理解することでそれらを回避できます。

大手書籍販売サイト内のカテゴリ分類を日本語版と英語圏版で比較すると、
英語圏のジャンルは圧倒的に深く細分化されているので、より専門的な本を
見つけることがきます。私はいつも本を購入するときに両方のサイトで検索します。

洋書のペーパーバックは和書より価格が安いものが多いので多読する人にとっては
嬉しいです。

下記は、私の洋書へのアプローチです。 ※勉強方法ではありません。
興味がある方は参考にしてみて下さい。

【洋書の読み方】

  1. タイトルでどんな本か情報を得る。
  2. 目次で本全体の展開を知る。
  3. ひとつのパラグラフがどんなことを言っているのかをつかむ。
  4. ひとつの章がどんなことを言っているのかをつかむ。
  5. 1~4ができるようになれば洋書がスラスラ読める。

私は中学校までは英語は苦手だったのですが、
当時、“英語の本がスラスラ読めたらいいな”と強く思っていたことが、
今に繋がっていると思います。
この“~だったらいいなぁ”というのは魔法の言葉なのかもしれません。

書籍という媒体に限らず、言語の壁をクリアすることで情報の選択肢、興味、
関心が広がりますが、知識を増やすだけではなく、
インプットした情報を どのようにアウトプットする(表現や形にする)か?
が大切だと感じます。

_/_/イラストレーション制作・アイデンティティ・デザイン_/_/
◆藤倉周平商業美術制作所 Web
http://www.shuheifujikura.com/
◆藤倉周平商業美術制作所 facebook
http://www.facebook.com/FujikuraShuhei
_/_/_/_/_/クラフト・雑貨・デザイン_/_/_/_/_/