2013-05-15

行って、見る、そして感じるということ

花の生産者様の農場視察のリポート

ビニールハウスの中でお客さまが作っている花を目の前に
お話を聞かせていただきました。

季節や環境の変化も考慮しなければいけない生き物を扱う
仕事の難しさ等、 モノづくりをする人の目線でのお話には
貴重なヒントが沢山ありました。
それを聞くことで、手間暇かけられて作られた物に対しての
感謝の気持ちが生まれるのだと思います。

お客さまの現場に実際に行ってみなければ 感じられないことは
沢山あります。

雰囲気はメールでの情報だけでは 簡単にカタチに出来ません。

はひとつの色の中に何種類もの色がありますし、
現実の色はモニターの再現とは異なります。

お客さまのストーリーにも 商品に対する誇りや自信もあれば
その裏側には不安や苦悩もあるはずです。

これらをじっくりと煮詰めてカタチにすることで、
お客さまのお手伝いをしたいと私は考えます。

○○サイズのチラシを△△△△枚つくって下さいと依頼を受けて、
それを納品して終わり・・・では 目的を果たしたことにはなりません。

本当の目的はもっと別の次元のお話になります。
例えば:

  • 効果的に集客に繋がること
  • 商品のブランディングに有効であること
  • etc・・

最終的にお店や商品を選んで決める/購入するのは消費者です。
この過程を変えることはできません。

しかし、消費者が商品(または商品を作る会社)に対しての
感じ方(フィーリング)に影響することは可能です。

その手段の一つがデザインなのです。
機能するデザインを使った効果的なコミュニケーションで
選ばれる商品になることは可能です。

売る側は商品だけに注目してしまいがちですが
商品を手にとる消費者の気持ち(フィーリング)も
大事に扱うことを 忘れてはいけません。

お客さまの業種によって作る商品も様々、
ターゲットとする市場も異なります。
だから方法は一つだけではありませんが
共通して私が大切にしたいと思うのは、
モノを作る人の目線人間味のあるアプローチです。

案件の内容によって、必要であれば企画の段階から
アイデアを ご提案させていただきますのでご相談下さい。

_/_/イラストレーション制作・キャラクター・広告デザイン_/_/
◆藤倉周平商業美術制作所 Web
http://www.shuheifujikura.com/
◆藤倉周平商業美術制作所 facebook
http://www.facebook.com/FujikuraShuhei
_/_/_/_/_/クラフト・雑貨・デザイン_/_/_/_/_/