2013-05-15

行って、見る、そして感じるということ

花の生産者様の農場視察のリポート

ビニールハウスの中でお客さまが作っている花を目の前に
お話を聞かせていただきました。

季節や環境の変化も考慮しなければいけない生き物を扱う
仕事の難しさ等、 モノづくりをする人の目線でのお話には
貴重なヒントが沢山ありました。
それを聞くことで、手間暇かけられて作られた物に対しての
感謝の気持ちが生まれるのだと思います。

お客さまの現場に実際に行ってみなければ 感じられないことは
沢山あります。

雰囲気はメールでの情報だけでは 簡単にカタチに出来ません。

はひとつの色の中に何種類もの色がありますし、
現実の色はモニターの再現とは異なります。

お客さまのストーリーにも 商品に対する誇りや自信もあれば
その裏側には不安や苦悩もあるはずです。

これらをじっくりと煮詰めてカタチにすることで、
お客さまのお手伝いをしたいと私は考えます。

○○サイズのチラシを△△△△枚つくって下さいと依頼を受けて、
それを納品して終わり・・・では 目的を果たしたことにはなりません。

本当の目的はもっと別の次元のお話になります。
例えば:

  • 効果的に集客に繋がること
  • 商品のブランディングに有効であること
  • etc・・

最終的にお店や商品を選んで決める/購入するのは消費者です。
この過程を変えることはできません。

しかし、消費者が商品(または商品を作る会社)に対しての
感じ方(フィーリング)に影響することは可能です。

その手段の一つがデザインなのです。
機能するデザインを使った効果的なコミュニケーションで
選ばれる商品になることは可能です。

売る側は商品だけに注目してしまいがちですが
商品を手にとる消費者の気持ち(フィーリング)も
大事に扱うことを 忘れてはいけません。

お客さまの業種によって作る商品も様々、
ターゲットとする市場も異なります。
だから方法は一つだけではありませんが
共通して私が大切にしたいと思うのは、
モノを作る人の目線人間味のあるアプローチです。

案件の内容によって、必要であれば企画の段階から
アイデアを ご提案させていただきますのでご相談下さい。

_/_/イラストレーション制作・キャラクター・広告デザイン_/_/
◆藤倉周平商業美術制作所 Web
http://www.shuheifujikura.com/
◆藤倉周平商業美術制作所 facebook
http://www.facebook.com/FujikuraShuhei
_/_/_/_/_/クラフト・雑貨・デザイン_/_/_/_/_/

2013-05-13

スタンプ、ポイントカードのデザイン・制作

お店でスマートフォンのクーポンを提示すれば 特典が得られる
便利な時代になっても、紙のスタンプカードは
リピーターの集客や対面サービス業には欠かせないツールです。

スタンプ付与はご来店、ご利用されたお客さまだけの特典と証、
スタンプを発行するお店側にとっては、お財布に収まる紙でできた
二つ折りのカードは、お客さまとの距離縮めてくれる大きな役割を果たします。

写真のスタンプカードは、飲食レストラン向けに作ったものです。
タイトルがローマ字なので、図でもレストランのスタンプカードと
伝わるように ピクトグラムの要素(お皿、フォーク、ナイフ)を取り入れました。

ピクトグラムは空港内や他公共のサインに使われる手法で
身近な例では公共のトイレのサインもそのひとつです。
言語の壁を越えて簡単な図でコミュニケーションできるという 利点があります。

捺印されたポイントカードはお客さまのお財布の中で
管理されることを考慮し耐久性のある特殊紙をご提案します。

カードデザインのオマケとしてスタンプ木軸の製作を行いました。

海外の特典事情の一例を取り上げてみると、
商業施設で買い物をしたときのレシートの裏にクーポンが
印刷されていたりします。

写真はそのイメージを再現、 イラストと特典内容が記載されています。

ポイントやクーポン等の特典を発行することで
ビジネスにどのような成果をもたらすかを考えることが大切です。
効果的な特典を打ち出し、しっかり機能するツールで
集客に繋げ、お客さまと良い関係を築いてみてはいかがでしょう。

スタンプ/ポイントカード、クーポン券、チケットの
デザイン・制作、企画・アイデアのご提案致します。

_/_/イラストレーション制作・キャラクター・広告デザイン_/_/
◆藤倉周平商業美術制作所 Web
http://www.shuheifujikura.com/
◆藤倉周平商業美術制作所 facebook
http://www.facebook.com/FujikuraShuhei
_/_/_/_/_/クラフト・雑貨・デザイン_/_/_/_/_/

2013-05-01

ウッドクラフト ミニチュア 立体造形 粘土遊びの話

藤倉周平商業美術制作所では、絵は平面だけじゃない
という考えで、こんな物も作っています。
木を削って作ったミニチュア・ウッドクラフト、
大きさは10円玉とSDカードで比較して下さい。

Title: ペンキのハンドローラー(Brayer)

ローラーも回転します。
材料にはアイスの棒や爪楊枝を使いました。


Title: 古い旅行鞄(Old Luggage)

紙の旅行タグを貼って世界各国を旅行してきた雰囲気を再現。

縮尺模型を使って展示物を表現するジオラマという方法は
博物館や建築物の構想に使われている手法です。

見る者が現実とは違うスケールの造形物と空間に引き込まれてしまう、
それがミニチュアの持つ魅力のような気がします。

私の記憶の中で、平面に描いた図や頭の中で描いたものを 立体にする
という作業は子供の頃によく遊んだ、 粘土遊びにさかのぼります。

動物図鑑を参考に、ペンギンを粘土で作っていた記憶があります。
作ったペンギンは遊びの時間が終われば、ケースの中にしまわれるのですが、
次回ケースのフタを開けると、フタに押しつぶされて変わり果てた姿の
粘土のペンギンが子供心にショッキングでした。

現在、どれだけの子供が粘土で遊んだりするのかはわかりませんが
木彫りなどをやってみると私が子供の頃に粘土遊びから学んだものは
大きいなと思います。

ハイテクな3Dプリンター時代到来のニュースも気にしながら
手を使って作ることは大切だなと感じています。

_/_/イラストレーション制作・キャラクター・広告デザイン_/_/
◆藤倉周平商業美術制作所 Web
http://www.shuheifujikura.com/
◆藤倉周平商業美術制作所 facebook
http://www.facebook.com/FujikuraShuhei
_/_/_/_/_/クラフト・雑貨・デザイン_/_/_/_/_/