2012-07-09

イラストレーションで商品を演出する

広告やパンフレットなどの印刷物では
挿絵としてイラストレーション使いますが、
お店の商品の演出にも効果的な手法です。

雑貨や小物などの商品の演出としての
イラストレーションを使った例のご紹介です。

写真の例は、小さな木彫り・クラフト作品(かわいいタコです)
のディスプレイです。

背景にはミニカードのイラストレーションを 配置しています。
かわいい木彫りのタコに比べて イラストの内容はギャップがありますが、
これは、遊びの要素と洒落の演出です。

イラストレーションにできること

  • 商品の雰囲気を演出する
  • 説明する
  • 対話をする
  • ストーリーでお客さまを楽しませる etc..

私は、よくカフェや雑貨屋さんなどに 行くのですが、
その時は店内装飾や演出を じっくり研究します。

時々、お店に売られている商品よりも、 値札に描かれているイラスト
(たぶんお店の方の手描き)が 欲しいな、と思ってしまうことがあります。
こんなときは、やられたなぁ、上手い演出だなぁと思います。

そのような魅力的な演出で、お客さまが、つい足を止めてしまう。
そして、商品とお客さまがコミュニケーションする 場面を作るのです。

視覚的な演出は、少しの演出でも全体に大きな変化もたらします。
だからコダワリを持ってほしい。

藤倉周平商業美術制作所では、場面にあった演出を、
イラストレーションやデザインで提案してお店や商品の 魅力を伝えます。

詳しくは、藤倉周平商業美術制作所(WEBサイト)を ご覧下さい。